住宅ローンの金利

住宅ローンの金利では

住宅ローンは固定金利でも低金利

住宅を購入する場合、ほとんどの人が銀行などから住宅ローンの借り入れをすることになるでしょう。最近は金利が下がっていることもあり、固定金利であってもかなり低金利で借り入れができますが、変動金利のほうがさらに安く借りることができます。変動金利の場合、将来の金利の変動状況によっては、支払う利息の金額がかなり大きくなってしまうことになるので注意が必要です。その点固定金利であれば、将来大幅に金利が上昇するようなことがあっても、一定の金利で利息が発生するので、ローンの支払額が大幅に増加してしまうリスクはないでしょう。

住宅ローンを組む場合の注意事項

現在は、住宅ローンは超低金利水準で、まさにマイホームを買う為の絶好機と言えるかも知れません。しかし、そんな時期だからこそ、借りる際には十分な注意も必要です。固定金利か、変動金利かがよく議論されますが、その選択も重要ですが、それ以上に無理な返済計画を組むような借り方をしない事が最も重要です。無理な借り方をすれば、金利上昇すれば返済に破たんする恐れがあるからです。ボーナスを当てにしないのはもちろん、毎月一定額の貯蓄が可能な借り方をすべきです。この貯蓄で金利が急上昇するような事があれば、繰り上げ返済で総返済額が膨らまぬようにする事もできますし、やがて訪れる住宅のメンテとして必須の外壁塗装等のリフォーム費用に充てる事も可能です。無理をせず、十分余裕あるローンを組む事が何より重要なのです。

↑PAGE TOP