住宅ローンの控除

住宅ローンの控除には

住宅ローン控除について

マイホームを取得したとき、新築だけでなく、中古で築年数が一定の年数以内のもの、増築などもふくめて、また、一定の場合には、その住宅が建設されている土地を取得した場合も含め、所得税額控除が適用されます。ただし、要件は複雑です。金融機関からローンで借入をしている必要があります。確定申告をすることで借入金残高の1%が還付されます。2019年6月入居分まで適用されます。一般住宅なら40万円、優良仕様なら50万円が限度であることや、面積制限など細かい規定がありますので注意が必要です。なお、所得税で控除しきれない場合は、一定金額が住民税からが還付されます。

史上最低水準の住宅ローン

住宅ローンは、現在史上最低水準の金利で差し出され、更に独自の優遇金利を打ち出している金融機関も数多く、変動金利0.5%以下で貸し出している金融機関もあり、金利の低い変動金利型や固定期間選択型などの固定金利期間の短い金融商品が人気となっています。マイホーム購入希望者にとっては、低金利や税制優遇、建物の低価格などマイホームの購入を後押しする環境が揃い、住宅ローンを利用して購入には適した時期となっています。又、太陽光発電システムや自然冷媒ヒートポンプ給湯機など最新設備に対する助成金も充実しており、より高性能な建物の購入が可能です。

↑PAGE TOP